沿革

2007年

2月5日
株式会社メトロ アド エージェンシー発足
東京メトロの広告媒体管理運営業務と株式会社メトロコマースの広告代理店業務を一元化し、広告事業を一貫して行うことを目的として設立
4月1日
営業開始
10月25日
財団法人日本産業デザイン振興会よりメトロフリーラック 2007年度グッドデザイン賞受賞

2008年

6月14日
有楽町線・副都心線でデジタルサイネージ「Tokyo Metro Vision (TMV)」の販売開始

2009年

3月13日
情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC 27001:2005」認証取得
10月1日
丸ノ内線6駅でデジタルサイネージ「M Station Vision(MSV)」の販売開始

2010年

11月13日
iPhone版アプリケーション「メトロタッチ」公開

2011年

3月31日
Android版アプリケーション「メトロタッチ」公開およびバナー広告の販売開始

2013年

4月15日
銀座駅、表参道駅、新橋駅、秋葉原駅で駅コンコースデジタルサイネージ「Metro Concourse Vision(MCV)」の販売開始

2014年

4月1日
駅コンコースデジタルサイネージ「Metro Concourse Vision(MCV)」設置を11駅に拡大