清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査

東京メトロを利用するビジネスパーソンにおける交通広告は、清涼飲料商品を知ったり思い出すきっかけとしてネット広告以上に効果的。交通広告を見た後の飲用意向率や購入経験率は高く、東京メトロメディアのリーセンシー効果の高さが確認された。
株式会社メトロアドエージェンシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:肥後 謙一)では、首都・東京で毎日の生活を送る東京メトロの利用者について、そのさまざまなライフスタイルや意識を探る各種の調査を実施しています。

今回は、清涼飲料商品における交通広告の効果に関する調査を実施しました。電車内や駅構内の交通広告は、購買行動の直前に広告に接触するため「リーセンシー効果」が期待でき、中でも消費財に対して効果が高いメディアとされています。しかし、コンビニエンスストアやドラッグストア、インターネットなど、消費財を購入できる場所が増えた今日、 交通広告の特徴であるリーセンシー効果の評価は以前に比べて変化しているのでしょうか。
今回の調査は、消費財のひとつである「清涼飲料商品」の交通広告について、東京メトロを利用するビジネスパーソンがどのように受け止め、購買行動にどのような影響を受けているのか、その実態に迫りました。

メトロアドエージェンシーでは、今後も「東京を走らせる力」東京メトロ利用者のさまざまなライフスタイルをとらえるための調査を実施してまいります。

詳細について

詳しくはコチラをご覧ください。(PDFファイル)

《お問い合わせ先》
株式会社メトロアドエージェンシー
企画制作本部 マーケティング局 マーケティング部
TEL : 03-5501-7846

本リリースに関するお問い合わせはこちら

お問い合わせフォームへ

コラム一覧に戻る